やっててよかった?公文式の軌跡

f:id:hir0nas:20210427163329p:plain

 

小2次男は今日まで公文を続けて約2年になります。
次男は(長男も)決して頭がいいとか勉強ができるタイプではないのですが、一般人レベルの人間でもトロフィーがとれそうので、誰かの参考になればと思ったので記事にしたいと思います。

公文いつから?

年長(5歳)の夏の体験学習から開始しました。
算数と国語の2教科ではじめて、国語は1年ほどでやめましたが、算数の1教科はずっと続けています。ずっと頑張っている算数にスポットライトを当ててみたいと思います。

公文の算数進度

年長、小1の途中までは1~2年先の進度でしたが、小1の後半にやる気を出して1日5枚ペースから10枚に変更したのでかなり進みました。

学年 進度
年長 12月末 A200
年長  3月末 B100
小1  6月末 B200
小1  9月末 C130 
小1 12月末 C170 
小1  3月末 E 40?
公文タイムは?

正直決めてません。自主的に朝やってくれるのが一番いい気がしますが、本人は朝が弱いので敢えてそこは強制しません。なるべく親が鑑賞しないのがいいと思います。
本人的に公文タイムは学童で、終わらなかったら家に帰って残りをします。

公文の丸付け

小2男子が小5の問題をやっている状態なのでだいぶ無理して先に進んでいます。そのため勘違いによる間違いがあったりすることも多く、宿題を丸付けせずに放置していると後で訂正数がとんでもないことになります。
宿題をしたら私が解答本を見て丸付けをするようにして、間違いがあればその日にすぐ訂正させます。これは公文の先生との約束事です。

天才といわれるような子は正直以下のようなことは親がしていないと思います。きっと自分でできてしまう子なのでしょうが、参考に我が家のやり方を記します。

丸付けで間違いがあったとき

(5)の間違いを発見したので、私が問題番号に○を書きます。

f:id:hir0nas:20210424233905j:plain

ペケではなく○の理由は、当時長男が間違いを異常なほどに嫌い、泣きわめいて私が大変だったため折衷案で○にしました。

訂正箇所の丸付け

(5)を子供が訂正して正解だったら、○を取り消します。

f:id:hir0nas:20210424233909j:plain

あえて、消しゴムで消さないのは、あとで先生がプリントを見たときに、どこを間違えたか「見える化」するためです。そこまで見てないかもしれませんが。

ちなみに、プリントが両面正解になった場合は、表面の上のプリント番号に○を付けます。これは私自身と子供が分かりやすくするためのものです。たくさん丸付けをしていると、どのプリントが未完了か完了なのか分からなくなるので。

公文の教材持ち運び

いつも宿題と解答本を100均のビニールファイルに入れています。ビニールファイルはA4サイズのもの。以前はB5サイズでしたが、ぴったりサイズのためチャックが引っかかって壊れ、再度買い替えてもまた壊れたため、大きめサイズのA4で落ち着きました。

f:id:hir0nas:20210424233245j:plain

やっててよかった公文式?

親が関わりすぎると喧嘩がおきる

長男は公文を1年半やって辞めた過去があるのですが、本当に公文をやらない。やらないので私が怒る。泣きながら公文をやる。の繰り返しで私がキレまくってました。
子供の性格によるところではありますが、あまり監視しすぎずないこと。公文は子供に合う合わないがあると思うので無理強いしないのが良いと思います。 

鉛筆の持ち方がめちゃめちゃきれい!

次男は年長のころから三角鉛筆ともちかたサポーターを使わせていましたが、本当に鉛筆の持ち方はお手本のようです。長男は小4の時点で持ち方が汚く、矯正するのが大変でした。今もまだ完璧にはなおりません。佐藤ママや教育本などで鉛筆の持ち方は大事というのはよく聞きますが、早めの対応が必要だったと反省でした。

▼三角鉛筆と持ち方サポーターは私の地元友達にプレゼントしてました

自信がつく

これはある程度2年くらい学年が先に進んでないといけませんが、2~3年先に進んでいると周りから一目置かれるます。そしてそれが自信につながります。

まとめ

次男の成功例にスポットライトをあてましたが、長男は1年半という短期間しか続けられませんでした。色々と喧嘩もあって大変でしたが、小4の時点でG100(中1レベル)まで行ったので結構本人にはアドバンテージができて、算数は得意教科のように学校では振る舞っているようです。算数がわからないお友達に教えてあげたりしているそう。そんな話を聞くと、やっててよかったなぁと思います。

次男もまだ道半ばで、入会当初は中3レベルまで頑張ろうという目標を立てていましたのでそれに向けて頑張って続けられるといいなと思います。

結果、公文はやっててよかったと思います。