【象形文字】古代文字合わせのカードゲーム【口コミレビュー】

f:id:hir0nas:20210320062216p:plain

 

 小1、小4男子の母ひろなすです。今回は最近ハマっている漢字のカードゲームをご紹介します。

 

 

古代文字合わせ

現在、小1男子がはまっているカードゲームです。むしろ私がはまっています。古代文字48字と漢字が48字で合わせて96枚のカードが入っています。

カードの形が四角くてかわいいんです。  

f:id:hir0nas:20210320065911j:plain

 
入っている説明書。裏には文字の成り立ちの説明が書いてありました。

f:id:hir0nas:20210320065550j:plain

奥野かるた店

ちょっと変わったかるたを作っている会社です。

古代文字のほかに、フィッシュゲームというカードがとても面白くてよかったのですが現在は廃盤となってしまい、中古でしか手に入らないのですが、絶対に再販してほしい!

 

shop.okunokaruta.com

漢字について

漢字の数は全部で48字です。そのうち、1,2年生で習う漢字は、

  • 1年生は41字
  • 2年生は7字

学習指導要領によると、それぞれの学年で習う漢字の数は、

  • 1年生は80字
  • 2年生は160字

1年生の漢字は半分網羅(80字のうち41字)されています。2年生の漢字はおまけみたいなものですね。

漢字一覧

使用されている漢字をまとめました。右半分はあまり関係ない情報ですが、私の趣味です。

1年生で習う漢字はやはり基本部品が多く、象形文字が多いな~という印象です。中学年、高学年になっていくと形声文字がふえていくので基本の象形文字を覚えるのは大事なんじゃないかなと思います。

部首も大事になってくるので部首カルタもいいですね。 

f:id:hir0nas:20210320055745p:plain

 

おすすめの遊び方

ただの神経衰弱って飽きません?

カードの場所ではなく、もっと違う 思い出す・考えるというワンクッションが入っている方が楽しいと思うし、間違いなく記憶に定着します。その遊び方ができるのがこのカードゲームだと思います。

 

古代文字合わせは、1セットのカードの絵柄が一緒ではないので

①古代文字と②漢字を合わせるので、①⇒②の場合と②⇒①を引いた場合でどちらも対応する文字は何か?を考えます。

そうすると我が家では、古代文字と漢字があっという間に覚えられました。

そして何より楽しい!!

 

カードの紹介

ここで、間違いやすい古代文字の紹介などをしたいと思います。

 

回ると日

左が「回」で右が「日」です。なんとなく似てる。

f:id:hir0nas:20210320070331j:plain

川と水

左が「川」、右が「水」です。似てるのでいつも一瞬悩みます。

f:id:hir0nas:20210320070259j:plain

 

人がからむ文字

上の段左から「立」「大」「天」

下の段左から「交」「文」「人」です。 ※「文」は人が絡んでいません。

このあたりの絵が似ているので頭の悩ませどころです。

f:id:hir0nas:20210320070453j:plain

虫について

昔はヘビの形のことを表していました。今とは使い方が違うので面白い。

f:id:hir0nas:20210320070125j:plain

 

まとめ

古代文字合わせのカードゲームは本当に面白くて大人の私も夢中になります。未就学、小学生低・中学年にはとくにおすすめします。

 

 

今私が子供の漢字勉強のためと 自身の漢検2級のため勉強している本です。

小中学生向けの本とありますが、ルビがふってないし内容が難しいので子供が読む本でなさそうです。ただ、書いている内容は個人的にはヒットです。Amazonレビューは低いですが。